買った物レビュー

ハンドスキャナーおすすめはコレ。 OCR機能あり本の断捨離 キングジム

更新日:

ハンドスキャナーとは

ハンドスキャナは小型のコピー機と考えてください。
本や新聞の記事などちょこっと記録したいときに便利な電子機器です。

ハンドスキャナはスキャンした内容を本体のメモリにJPGなどの画像ファイルとして保存します。
その画像をパソコンなどで扱えるようにするものです。

画像で保存しておけば後でで何度でも見ることができます。
新聞や本などの重要なポイントを保存しましょう。

今回は私が見つけたハンドスキャナの問題点を解決した画期的な製品なので紹介します。

それがキングジム スキャナ マウス型 MSC20です。

ハンドスキャナの問題点

ハンドスキャナは書類の上を滑らせるように動かして使うものですが
動かす際に「早すぎても・遅すぎても駄目」という欠点があります。

適切なスピートで動かさないと文字がゆがんだりしてしまうのです。

他にも原稿にぴったりと接着して動かさないと文字ぼけの原因になります。

こういった事があるため不器用な私はハンドスキャナをタンスの奥にしまいました。

しかし今回購入したマウススキャナはパソコンに接続することで
リアルタイムでスキャンしてる内容を確認出来ます。

そのためスキャン画像がボケたりゆがんだりしても再度スキャンして
綺麗な画像で保存できるんです。

最初はこんな状態です。

 

黒いスキャンできていない場所をマウスで移動させるだけで

スキャンできます。

 

スキャンして画像を正面にした物です。

ハンドスキャナで取った画像

 

私の好きなチョコレートの裏側をスキャンしました。
簡単にスキャンできます。

スキャンが終わったら自動的にソフトが起動し濃度や色合いを調節します。
はじめてでも直感的に操作できるアプリです。

ハンドスキャナのocr機能は使えるのか?

画像の調節を終了すると保存形式を選べます。

JPGやPNGなどは当たり前ですが
その中でtxtやエクセルでも保存できるんです。

これは画像の中の文字を抜き出して保存するものです。

抜き出した文字はこちら

試しにこのチョコレートの文字を抜き出してみました。
誤判定が多いですが手直しして使えると思います。

あくまでも画像としての保存用でOCR機能はおまけと思えば
満足できると思います。

ハンディスキャナで本の自炊をするときに

ハンドスキャナは本を全て読み込ませる(自炊)するようなことは向いていないです。
重要なページやポイントとなるようなページをスキャンしたい場合におすすめです。

そのほかにも重要な書類などを画像化して保存する際に活躍します。

ハンドスキャナの価格はどの程度か

5000円から1万円弱程度が一般的です。
オフィス用品などを販売しているブランドが評判がよくおすすめです。

ハンドスキャナこれがおすすめ

私が買ったコレ

リアルタイムでスキャン内容を確認しながら画像化できます。
付属ソフトの使いやすさも高い人気の理由です。

ハンドスキャナはメモリーカードに保存できる形式が多いです。
しかしコレには問題があります。

汚いスキャンでも画像化されるためスキャン成功したかは
メモリーカードを確認しないと分からないという欠点です。

こちらのキングジムのスキャナはマウスを動かしながらスキャンできるため
文字が読めないような画像にはなりません。

ハンドスキャナの弱点を克服した素晴らしい品ですね。

ハンドスキャナまとめ

ハンドスキャナを使って本や新聞から重要なポイントを抜き出して
オリジナルな自分だけのスクラッチブックなんて良いですよね。

仕事から趣味やスポーツまで、情報を集め保存する時に役に立つスキャナです。

-買った物レビュー

Copyright© 生活大技林・毎日のお得技や買ったものなどのレビューを書き込みます。 , 2019 All Rights Reserved.