12万自作ゲーミングPC

12万自作ゲーミングPC、マザーボードの選び方。載せるCPUやチップセットの違い

 

12man-jisaku-gaming-pc-motherboard

12万自作ゲーミングで選ぶマザーボードの選ぶポイントは3つ

1.どのメーカーのCPUが乗るか
2.チップセットの種類
3.最新のグラボに対応できるか?

これが分かれば大丈夫です。

12万の制約があるので中程度のマザーボードを狙って行きます。

中程度とは言えゲーム(APEX)であれば144fps以上出て問題無く動作します。

マザーボード選びの前にCPUを選んでおいた方が良いです。

CPU選び方
jisaku-12mangaming-pc-cpu-erabi
自作12万円ゲーミングPCの最初はCPU選び 12400 Ryzen 7 5700Gはココが重要

パーツ選びではCPUを一番最初に決めるのが良いと思います。 選ぶCPUによってマザーボードの種類が変わってくるので注意したいです。 円安の効果で値段がかなり上がってきそうなので欲しい場合は早く買ったほ ...

続きを見る

さっそく行きます。

その1 CPUソケットの種類をチェック

マザーボードのソケットに注目し

INTEL製の第12世代 CPUならLGA1700ソケット

AMD製のZEN3 CPUならSocketAM4ソケット

へ載せられます。

載せたいCPUのソケットを持ったマザーボードを選びます

CPUに対応したチップセットがマザーボードに載っているか?

チップセットはCPUで処理したデータをメモリやグラボに送る機能があります。

そのため、CPUに対応したチップセットが乗ったマザーボードでないと動きません

INTEL製の12世代 CPUであれば

Z690 H670 B660 H610の4つのチップセットから選びましょう。

Intel CPU 第12世代チップセットの違いは

12man-jisaku-gaming-pc-motherboard

チップセット名 Z690 H670 B660 H610
CPUオーバークロック 対応 非対応 非対応 非対応
メモリーオーバークロック 対応 対応 対応 非対応
搭載メモリ(型式による) DDR5/DDR4 DDR5/DDR4 DDR5/DDR4 DDR5/DDR4
PCI Expressリビジョン 3.0, 4.0 3.0, 4.0 3.0, 4.0 3.0
PCI Express レーンの最大数 28 24 14 12
サポートされているディスプレイ数 4 4 4 3
USB ポート数 14 14 12 10
USB 3  (20Gb/s) 4 2 2 0
USB 3  (10Gb/s) 10 4 4 2

性能は
Z690 > H670 > B660 > H610

です。値段も性能と同じように高くなります。

PCI-Expressはレーン数が多いとより大容量のデータを転送できますが

数値が高いからと言ってFPS値に大きく差がでる訳ではありません。

どのマザーボードを選ぶか?

比較するとH610は最廉価モデルのためスペックが低めです。

性能とコスパで考えるとB660がおすすめで最低限のラインだと思います。

搭載可能なメモリは製品によってDDR5かDDR4か別れるので良くチェックしておきましょう。

12万ゲーミングPCで実際に買ったマザーボード

PRIME B660-PLUS D4です。

  • B660チップセット
  • PCIe 4.0 x16
  • Realtek 2.5Gbイーサネット
  • サイズ ATX

欲しいスペックが有りながら値段も手頃で人気があります。

AMD製 ZEN3でのチップセットの違い

12man-jisaku-gaming-pc-motherboard

チップセット名 X570 B550  A520
オーバークロック対応 対応 対応 非対応
PCI Expressリビジョン 4.0 4.0 3.0
PCI Express レーン数 16 10 6
Chipset USB 10Gbps Ports 8 2 1

参考サイト
https://www.pugetsystems.com/labs/articles/AMD-X570-vs-B550-vs-A520-Chipset-Comparison-1969/

A520では物足りないのでB550が最低限のラインだと思います。

オススメのAMD系マザーボード

  • B550チップセット
  • PCIe 4.0 x16
  • ギガビット LAN 10/100/1000 Mb/s

人気と評価が高くオススメです。

グラフィックボードに対応できるか?

ゲーミングPCは高性能なグラボを使うので性能を生かせる

PCI-Express ×16に対応しているか確認します。

FPS値を上げたいゲーミングPCではPCIe ×16が必須条件です。

ただ、最新のマザーボードであれば殆どPCIe×16に対応しています。

マザーボードの大きさはATXが良い。

ゲーミングPCのグラボはかなり大きくMicro-Mini ATXだと

入らなかったり内部で干渉する場合もあるため

標準サイズであるATXであるか確認します。

マザーボードのチップセットの種類

安いチップセットのマザーボードではオンボード有線LANの速度が遅い事もあるので

よく確認しましょう。

FPSゲームでは通信速度がとても大事です。

12万自作ゲーミングPC マザーボード選びまとめ。

12万円という制約ですと中程度の製品を狙うのが良いですね。

性能は中程度でもゲームをする程度であれば十分満足できる性能です。

早速最新のモデルを入手してみましょう!

  • この記事を書いた人

コンボラ

FPS系ゲームの攻略やデジタル製品情報など 身の回りのお役立ち情報を書いていきます。 FPSゲーム歴は2005年のBF2デモ時代から

-12万自作ゲーミングPC

Copyright© FPS・お得生活大技林・毎日のお得技やFPSゲームネタ・買ったものなどのレビューを書き込みます。 , 2022 All Rights Reserved.